『ESPN』は「パリ・サンジェルマンのブラジル代表DFチアゴ・シウヴァは、クリスティアーノ・ロナウドの加入を希望した」と報じた。

レアル・マドリーからの退団が噂されているクリスティアーノ・ロナウド。来年夏でのマンチェスター・ユナイテッド復帰、あるいはパリ・サンジェルマンへの加入という話がメディアを飛び交っている。

この件について『Sport et Style』の取材に答えたチアゴ・シウヴァは、「対戦するよりも仲間であった方がいい」と話し、パリ・サンジェルマンへの加入を誘った。

チアゴ・シウヴァ
(PSG&ブラジル代表DF)

「(クリスティアーノ・ロナウドをPSGが狙っているという噂があるが、来て欲しい?)

もちろん。彼と対戦するよりも、ともにプレーする方がいいよ。

彼の代理人とこちらの会長が適切な解決策を見つけてくれることを望んでいるし、彼はここに来てプレーしてもいいんじゃないかな。

パリ・サンジェルマンは今旬のチームだしね。

僕はあの選手を愛している。彼は信じられないようなキャリアを持っている。マンチェスター・ユナイテッドでも同じように偉大なものを成し遂げた。

彼はレアル・マドリーでゴール記録を破った。世界のサッカー界のためによいことをしている」

「(レアル・マドリー戦では0-0という結果に終わり、ホームで勝てませんでしたが)

人々は――特にジャーナリストはいろいろなことを話すが、彼らは我々の内部品質を知らない。

我々の最大の目標はチャンピオンズリーグだ。これは実現させなければならない重要な夢だ。僕は毎年努力しているが、それに勝つのは容易ではない」