UEFA CL、ボルシアMG対ユヴェントス戦は1-1の引き分けという結果になった。

ユヴェントスの得点者は心臓手術から復帰したDFシュテファン・リヒトシュタイナーであった。それをアシストしたユヴェントスMFポール・ポグバはこんなプレーもやっていた。

左サイドでボールを持つと、相手MFホーヴァル・ノールドヴァイトをエラシコで攻略!

“目線の騙し”もしっかり決まっており、これはほぼ完璧と言えそうだ。ポグバはイタリアダービーでも巧みなエラシコを決めており、得意技にしている。

試合後、そのポグバは勝ち点を取れたことに満足感を示しつつ、(エルナネスの)レッドカード以降は難しいものになったとも述べていたようだ。

【次ページ】エルナネス退場シーンと全ゴール動画