UEFAユースリーグ(Domestic Champions Path)、ミドルスブラ対トリノの1stレグで凄いゴールが生まれた。

ミドルスブラの18歳FWハリー・チャップマンが決めた一撃がこれだ。

左サイド深い位置でボールを持ったチャップマンはシザースから1人を抜き去ると、さらにもう1人も突破。ボックス内に侵入すると、飛び出してきたGKにも慌てることなく角度のないところから巧みにシュートを決めてみせた。

GKを含め相手守備陣7人ほどが周りにいたのだが、たった1人でゴールを陥れたチャップマン。87分というこの時間帯でボロはすで2点をリードしており、サポートがいなかったことで1人でいくしかなかった面もあるがこれは見事。そして、ゴール後のバク宙もクール!

ミドルズブラは3-0でこの試合に勝利。クレイグ・リドル監督はチャップマンについて、「あの状況になった時、この年齢で彼以上の選手は見たことがない。1vs1になると、ボールをとてもうまく動かす。ひらりとかわし、身をよじって突っ込んでいき、フィニッシュは尋常じゃなかった」と絶賛していた。

本名ハリソン・チャップマンは1997年生まれの18歳。左右のウィングとしてプレーするようで、バク宙などのパフォーマンスを含め今後注目の存在になるかもしれない。