フットボールチャンネルアジア(FCA)によると、現在カンボジアで最も将来が嘱望されている「カンボジアの若き至宝」MFチャン・ワタナカ(21歳)がJリーグのクラブに移籍する可能性があると噂されている。

それによると、チャン・ワタナカが所属するカンボジア1部の強豪ボーウング・ケット・アンコールに、ある日本のクラブから同選手の獲得について打診があったという。

同選手はこれについて、「もし日本でプレーできるのなら夢のような話です」と語った。チャン・ワタナカは、今季のリーグ戦で35ゴールの活躍を見せて得点王に輝き、チームのレギュラーシーズン優勝の原動力となった。

(C) The Phnom Penh Post, チャン・ワタナカ(左)

記事提供元:「「カンボジアの若き至宝」ワタナカにJリーグクラブが獲得打診か@Vietnam Football