今夜、アーセナル対トッテナムのノースロンドン・ダービーが行われる。

アーセナル側のキーマンのひとりには、この男の名も挙げられるはずだ。

アレクシス・サンチェス。

いまやガナーズの前線の核となった26歳のチリ代表FWについては、サンティ・カソルラも称賛を惜しまない。「彼にリミットはない。アレクシスが僕らとともにいてくれるのは幸運だよ。世界最高の選手のひとりだね」と語っているほどだ。

さて、アレクシスといえば卓越したアタッキングセンスが最大の売りであるが、守備でもチームに貢献できる選手でもある。 それが、30秒で分かる映像がこちら。

前線からの気持ちの入ったチェイシングで何度もボールを奪い返している。ヴェンゲル監督も守備面での貢献について、こう評価している。

「彼はダイナミックで、試合の両面(攻守)でやってくれる。ボールを素早く奪い返すこともする。守備から攻撃、攻撃から守備へのトランジションはとても重要だ。だから、彼はチームにおいて重要なのさ」

攻守においてキーマンになりえるアレクシス。エミレーツ・スタジアムで行われる今回のダービーではどのようなプレーを見せてくれるだろうか。