今やアーセナルの右サイドバックとしての地位を確立したスペイン人DFエクトル・ベジェリン。

もとはアタッカーだったという20歳の若武者の武器のひとつとえいば、その圧倒的なスピードだ。アーセナル史上最速となる40メートル走の記録(4.41秒)を樹立したことでも大きな話題となった。

そのスピードについて、『BBC』の番組『Football Focus』内で語った。

『BBC』はこの記事とインタビューにおいて、ベジェリンの40メートル走の記録はあのウサイン・ボルトよりも明らかに速いとしている。これは、『BBC』からボルト超えのお墨付きを貰ったといえそうだ。

なお、ボルトが持つ100メートル走の世界記録は9秒58だが、40メートル走のデータについては触れられていない。

この件について、ベジェリンは笑顔でこう話した。

ヘクトル・ベジェリン(アーセナルDF)

「もちろんそれ(データ上はボルト超えしていること?)は気に入っているけど、そうできると考えることはないよ。彼は間違いなくスプリンターだし、世界最速の男さ。

彼より僕のほうが速いと言う人に大勢会ったことがあるけど、足元にボールがあるといつだって違うものだよ。それが僕の仕事だし、彼に挑戦して負かそうとしたくはないね」

データ上では上回っているかもしれないけれど、実際に勝負したくはないよ、というようなニュアンスで語ったベジェリン。単純な興味として見てみたい気もするが…。