ブンデスリーガ第12節、マインツ対ヴォルフスブルク戦であのユリアン・ドラクスラーが一発レッドカードで退場になる場面があった。

開始12分すぎに…。

後方からのボールにジャンプしながらトラップしようとしたドラクスラー。だが、目の前にいた相手DFゴンサロ・ハラを蹴りつけるような形になってしまった。

ドラクスラーはまったく前を見ておらず、明らかに故意ではなかったが、シーバーツ主審が提示したのは無情のレッドカード…。確かに危険ではあったが、これは少し可哀想な気もする。

開始早々に数的不利となったヴォルフスブルクはその後失点し、0-2で敗戦となった。なお、マインツの武藤嘉紀はフル出場し、2点目のゴールをアシストしている。