フランス『L'Equipe』が掲載した、アーセン・ヴェンゲル監督のインタビューが話題だ。

「ARSÈNE WENGER, L'HUMANISTE」と題されたこのインタビューでヴェンゲル監督はかなり長いインタビューに答えており、自身のフットボール観から監督キャリアについて、また名古屋グランパスでの指揮など様々な内容を語っている。

その中に、日本人にとって気になるワードも含まれていた。

このインタビューの中でヴェンゲル監督は、日本の伝統手的な武道でもある「相撲」いついて言及していたのだ。どうやらヴェンゲル監督には、相撲の中で気に入っている文化があるようだ。

アーセン・ヴェンゲル(アーセナル監督)

「私が日本の相撲で好きなのは、取り組みが終わると敗者を傷つけないために勝者が絶対に喜ばないことだ。

試合に敗れた時、私はひどく苦しんできた。

様々な国々でいきすぎた振る舞いを見ていると、日本文化やイギリスの価値観は素晴らしいと感じる」