今年3月に就任したヴァヒド・ハリルホジッチ監督のもと、2018年のロシアワールドカップに向けたアジア予選に臨んでいる日本代表。

本日12日、9月の試合でまさかのスコアレスドローを演じたシンガポールとのアウェイゲームを前に、注目の新ユニフォームを発表した。

Japan 2016 adidas Home

japan-2015-16-adidas-home-kit

日本代表の新しいホームユニフォーム、そのコンセプトは『青の“調和”』。

adidasが制作した日本代表のホームでは、史上もっとも濃い青を用い、正面には11人の選手の個性を表す11本の異なる青で構成されたボーダー柄を配置。

japan-2015-16-adidas-home-kit

そして中央に配された赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表した“一本線”だ。

japan-2015-16-adidas-home-kit

japan-2015-16-adidas-home-kit

白の“スリーストライプス”は他のadidas勢と同様、脇へと移っている。

【次ページ】新ユニフォームの詳細