12日、日本代表は待望の新ユニフォームを発表。11人の選手の個性を表現したデザインが話題となっている。

1人じゃ歴史は変えられない。
#BETHEDIFERENCE


みんな同じ攻撃スタイル。
みんな同じ守備スタイル。
それを私たちはチームワークとは呼ばない。
11通りの攻め。11通りの守り。11通りの発想。
恐ろしく個性的な11人が揃いながら、
それでも1つの目的のために1つになる。
チームは決して単色ではない。
選手の数だけのブルーがある。
すべての個性がひとつとなるとき、
日本が新たな時代を築きあげる。

adidas公式サイト「サッカー日本代表 新ユニフォーム発表」より

新ユニフォームは本日行われるシンガポール戦から、ロシアワールドカップのアジア予選を通して使用される。

また、来年開催されるビッグイベントといえば、リオデジャネイロ五輪。日本はまだ男女ともに本大会出場を決めていないが、特に前回のロンドン五輪、そして今年の女子ワールドカップでいずれもアメリカに決勝で敗れた女子にとっては大事な大会となるだろう。

その目標に向けてまずは予選突破を目指すなでしこジャパンの新ユニフォームがこちら。

Women's Japan 2016 adidas Home

womens-japan-2015-16-adidas-home-kit

女子代表は男子と別のデザインを採用することも増えている昨今だが、日本はこれまで通りベースとなるデザインは同じ。

Women's Japan 2016 adidas Away

womens-japan-2015-16-adidas-away-kit

引き続き男子で赤の箇所が女子ではピンクとなっているほか、エンブレムの上にワールドカップ優勝を表す星が一つ輝いている。

【次ページ】フットサル代表も、W杯に向けた新ユニフォームへ!