EURO2016予選をグループ首位で突破したチェコ代表。今インターナショナルマッチウィークでは、セルビアとポーランドとのフレンドリーマッチを戦う。

そのチェコ代表の選手やスタッフたちがみんなで合唱する様子が公開されている。

なんでも、曲名は『Jeden za všechny(One for all)』。本大会行きを決めた後に自然発生的な考えで曲が作られることになったそうで、EURO出場を祝う歌のようだ。

怪我のためかトマーシュ・ロシツキーの姿は見えないが、トマーシュ・ネツィドらも参加。そして、ペトル・チェフはもちろんドラムを担当!

そのチェフは「とてもいいチーム作りさ。僕らがフットボールやメディア、スポンサーの行事以外で集まることは滅多にない。だから、皆にとって素晴らしい経験になったのは間違いないね」と述べるとともに、「この歌が愛されるだろうことを僕らは信じているよ」とも語っていたそう。

現在、この曲は編曲中だそうで、11月末には公式なものが発表される予定だとか。