先日、スタディオ・オリンピコで行われたローマダービーは2-0でASローマに軍配が上がった。

これでリーグ3連敗となったラツィオのステーファノ・ピオーリ監督はカウンターで同点にするチャンスもあったとしつつ、連敗は痛いと口にしていた。

さて、そんな今回のダービーではラツィオのMFフェリピ・アンデルソンに実に惜しいシーンがあった。

MFルーカス・ビグリアからの縦パスをライン間で受けたフェリピ・アンデルソン。前線にいたFWフィリップ・ジョルジェヴィッチへのパスをキャンセルした後、寄せてきた相手MFヴィリアン・ヴァンキュールの股を華麗に抜いて右足一閃!

浮き上がるような弾丸シュートはローマゴールを襲うも、バーに阻まれてしまった…。

もし決めていれば、マンシーニがダービーでやったジャンピングバックヒールのように語り継がれていたかも…?

今季からラツィオの10番を背負うフェリピ・アンデルソン。すでにプレミアの列強から興味を持たれているとも伝えられているが、ラツィアーレのみならずセリエAファンとしてはプレーを見続けたい選手のはずだ。