先日、自身10度目となるスウェーデンの年間最優秀選手に選ばれたズラタン・イブラヒモヴィッチ。

My 10th Golden Ball, the award for Sweden's Football Player of the Year.
Posted by Zlatan Ibrahimovic on 2015年11月10日

そのイブラについて、スウェーデンのレジェンドであるフレドリック・ユングベリが語ったようだ。『expressen』や『aftonbladet』などの現地メディアが伝えている。

それによれば、2人は決して良好な関係ではなかったという。そんななか、ユングベリはこのように述べたそうだ。

フレドリック・ユングベリ(元スウェーデン代表MF)

「10度目の受賞は並外れたことだ。彼の事は少し気の毒に思うね。代表チームは競争力がなかったし、(より強ければ?)W杯やEUROでよりいいところまでいけた」

「彼には物凄い影響力がある。素晴らしい選手だ。残念ながら、代表チームはあまりよくなかった。

スウェーデンでは、ビッグクラブでプレーする選手が何人いるかを話す。EUROやW杯において、いいところまで行くために重要なことだからね。

チャンピオンズリーグでプレーする選手を持つことは大事だ。最近、我々にはビッグクラブでプレーする選手があまり多くない。それは彼にとってちょっと悲しいことだ。彼はその肩にチームを背負っている」

どうやら、イブラと並び立って代表を背負っていけるような選手が出てこなかったことを残念に思っているようだ。

そして、EURO2016本大会出場を懸けた隣国デンマークとのプレーオフについては、「ダービーであり、厳しい試合だ。五分五分だろう」としつつ、結果を見ようじゃないかと述べていたそうだ。