アイスランドはボスニア・ヘルツェゴビナとのEURO2016予選プレーオフを2戦合計3-1で制し、見事本大会行きを決めた。

「レフェリーがホイッスルを吹き、フランス行きが決まったあの瞬間。とてもとても特別なものだった。本当にとても特別だ」とその喜びを露わにしたマーティン・オニール監督。 試合後にはこんな瞬間もあったようだ。

アイルランドを牽引し続けてきたエースFWロビー・キーンの頭を撫で、その顔を優しく見つめるオニール監督…。

これだけでも十分にいい写真なのだが、FAI(アイルランドサッカー協会)は色味を少し加工したこんな画像もリツイートしていた。

これはいい!

オニール監督は全力を尽くした選手たちをこう讃えてもいたそうだ。

「選手たちのことをこれ以上ないほど誇りに思う。彼らは持てるもの全てを出し尽くしたと思うね。彼らはこの国のためにプレーすることを望む素晴らしい仲間たちであり、この2試合に全心全霊を捧げた」