今夏バイエルンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続けているブラジル代表のドウグラス・コスタ。

12日のアルゼンチン戦では1点を追う後半途中に投入され、チームはその直後、ドウグラス・コスタを経由して同点ゴールをマーク。続く17日のペルー戦でも先制ゴールを含む全3得点に絡む活躍で勝利に貢献した。

特にチーム2点目となったレナト・アウグストへのお膳立てはお見事で、

こ、これはハンパない…

なんと5人、いや、最後にカバーにやってきた1人を強引(!)に加えると、最大6人に囲まれるなかドリブルで侵入しアシストを記録したのであった。

主将ネイマールが徹底マークに苦しめられた今月の南米予選だが、この男がセレソンの救世主となっている。