『FourFourTwo』は「インテルの会長を務めているエリック・トヒル氏は、1月のマーケットで数人の補強を行うことを明言した」と報じた。

ロベルト・マンチーニ監督政権下初の大型マーケットということもあって、今夏は大きな補強を行い、選手を入れ替えてきたインテル。

その成果はセリエAの優勝争いという形で現れており、長く苦しんできた名門インテルの復活は近いとも言われている。

『Guerin Sportivo』の取材に答えたトヒル会長は以下のように話し、1月には再び補強を行い、チャンピオンズリーグへ戻ると明言した。

エリック・トヒル
(インテル会長)

「数人の新しい選手が1月にはやってくるだろう。

私はいつも言ってきたが、就任から3年間でチャンピオンズリーグの舞台へと戻り、そのまま継続させていく。

現在我々はセリエAを勝利できるチャンスがある。それは予想外のことだ。インテルは偉大なチームであることに疑いはない。しかし、我々は今以上に競争力を強化するため、やれることは全てやっていく。

壮大な可能性がある? それは成長の余地があるということだ」

「(ピルロ獲得の噂について)

ピルロは偉大な選手だが、それはロベルト・マンチーニに聞いてくれないと。あとピルロ本人にもだ」