英3部コヴェントリー・シティは元イングランド代表MFジョー・コールのレンタル期間延長を発表した。

当初アストン・ヴィラからのレンタル期間は35日で、その期限は今月22日までとされていた。それが、今回の合意により、来年1月3日まで延長される見込みだ。

トニー・モウブレイ監督はこう述べている。

「延長についてアストン・ヴィラと全て合意した。彼はまだサインしていないが、まさにそうするところだ。全てが完了すれば、ローンは1月3日までになる」

「ジョーと話し合った。3週間のソリッドなトレーニングのプランをまとめることについてね。ジョーにとっては、目の前の試合を追うよりも、フィットさせることのほうがいい。彼にとってミニプレシーズン(キャンプ)みたいなものさ」

コールはすでに移籍後初ゴールもマークしているが、出場は3試合で時間的には最高で60分ほどのプレーに留まっている。今季ヴィラでは主にU-21チームでプレーしていたことから、コンディションを上げる必要があるようだ。