先週末、シャルケとの大一番に3-1と勝利したバイエルン。

試合に先立ち、Twitter公式アカウントがこんな動画を紹介してくれていた。

これはバイエルンのトレーニングでの出来事。

これから練習が始まろうとしていたのか、シャビ・アロンソはちょうどピッチ内へと足を踏み入れようとしていた。

するとゴールラインの外側から手でボールを落とし左足でアウト回転のかかったシュートを狙う。キックは低弾道でギュイーンと伸び、なんとこれがゴールイン!

ロングキックの精度なら世界でも最高クラスとも言えるシャビ・アロンソらしい、芸術的な一撃だった。