2014シーズン、J1ライセンスが取得できない状況でJ2の5位という成績を残し、大きな話題を呼んだギラヴァンツ北九州。続く2015シーズンは序盤に出遅れたものの、2年目の柱谷幸一監督とともに粘り強く戦い抜き最終的には7位でフィニッシュした。

注目の「北九州スタジアム」も今年ついに着工し、現在はこんな感じ。

完成は2017年3月。つまり、スタジアムの問題でJ1ライセンスの交付を受けられなかったクラブにとって、2016シーズンは悲願のJ1昇格に再び挑むシーズンとなる。

Giravanz Kitakyushu 2016 bonera Home

giravanz-kitakyushu-2016-bonera-kit

その北九州の2016シーズンに向けた新ユニフォーム、クラブカラーである黄色と赤のホーム(1st)がこちら。

giravanz-kitakyushu-2016-bonera-kit

伝統的なストライプに斜めのシャドウを入れることにより、チーム・クラブの躍動感と常に勝ち続ける強い意志を表現。また、ストライプ柄にはメインカラーに対する2色の差し色を入れ、未来を力強く見据える姿をグラデーションで表している。

サプライヤーは4年目のbonera(ボネーラ)だ。

【次ページ】アウェイは地域の歴史に根差したカラー