26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのユヴェントス対マンチェスター・シティ戦。

マリオ・マンジュキッチのゴールが決勝点となりユヴェントスが1-0と勝利したのだが、「どうしてそれが通せるの?」と世界がザワつくプレーがあった。

0-0で迎えた15分、オーバーラップしたジョルジョ・キエッリーニからパスを受けたポール・ポグバ。

この時ポグバは相手ゴールに対して背を向けており、反転させて仕事をさせまいとバカリ・サニャがぴったりとマークについていた。

その後、マルティン・デミケリスもポグバに近付きボールを奪おうとするのだが、ポグバは抜群のキープ能力でしっかりとコントロールする。

すると次の瞬間!

サニャとデミケリスの間をバックヒールで通し、パウロ・ディバラにパスを送ったのだ。

【次ページ】ポグバ、スパイクもこれまたド派手だった