『Daily Mail』は「アラン・シアラー氏は、ニューカッスル・ユナイテッドの状況について語った」と報じた。

かつてニューカッスルのエースとして活躍し、現在は評論家として活動するシアラー。先日はクラブの状況に厳しいコメントを発していた。

ニューカッスルは土曜日に行われたクリスタル・パレス戦でまたも5-1と大敗してしまい、チームは泥沼の状況から抜け出せず。

試合後の『Match of the Day』に出演したシアラー氏は以下のように語り、監督に指導されたくない選手、そして「月金選手」の存在も問題だと話した。

アラン・シアラー
(元イングランド代表FW、評論家)

「30秒でニューカッスル・ユナイテッドの状態を言い表すのは難しいが、やってみよう。

指導されたくない選手たちを導くのは難しい。彼らは十分に良くはない。

彼らはあまりにも多くの『月金選手』を持っている。練習では良いが、土曜日には仕事をしたくないというものだ。

監督の管理という観点から言えば、プランが見えない。

私は3週間前のボーンマス戦でプランが見えなかった。先週のレスター・シティ戦でも見えなかった。そして今日、プランは見えなかった。そして抵抗を止めた」