リーグアン15節、PSGはパルク・デ・プランスにトロワを迎えての一戦に4-1で勝利した。

そのなかで、アンヘル・ディ・マリアはフル出場するとともに、2アシストの活躍を見せた。特にエディンソン・カバーニの先制点を演出したシーンは見事だった。

相手DFが完全に崩れた場面でボールを拾ったディ・マリア。ダイレクトで放たれたロブはボックス内に走ったカバーニへぴたり!

DF陣はカバーニを全くケアできていなかったが、ディ・マリアのボールは絶妙かつ完璧であった。

チーム4点目となる若手FWジャン=ケヴィン・オーギュスタンのゴールをアシストした場面はこちら。

これはアシストというより、オーギュスタンの個人技だろう。ちなみに、彼にとってこれがリーグアン初ゴール。18歳と5か月というのは、今季のリーグアンにおいて最年少での得点になるそうだ。