3日、『Sky Sports』など各メディアは「スイス警察は、チューリッヒのホテルで行われていたFIFA関係者によるパーティにおいて複数名を逮捕している」と報じた。

記事によれば、そのうち5名が現在、あるいは過去にFIFAの委員会に入っていた人物であり、関係者を併せて12名の身柄を拘束しているという。

そして、その中にはCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)会長のアルフレド・アウィ、CONMEBOL(南米サッカー連盟)会長のフアン・アンヘル・ナプト氏が含まれていることが確認されたとのことだ。

このホテルは今年4月末にFIFA関係者が14名逮捕された事件の舞台にもなった場所で、これまでと同じく汚職に関係する捜査であると考えられている。

FIFA

「FIFAは本日アメリカ合衆国司法省が行った行動を認識している。我々はスイス当局によって行われているアメリカの調査に全面的協力を続ける。

FIFAは本日の進展についてはこれ以上のコメントを持っていない」

なお、アメリカ合衆国司法省は本日この事件について記者会見を開く予定である。