『Forzaitalianfootball』は「チェルシーのベルギー代表FWエデン・アザールは、これまで共にプレーした中で一番上手かったのはジェルヴィーニョだと話した」と報じた。

かつてリールでデビューを果たし、ルディ・ガルシア監督の下でリーグアン優勝を経験したエデン・アザール。

『Chelsea TV』の取材で「これまでプレーした中で最も上手かったのは?」と聞かれると、彼は「ジェルヴィーニョだ」と答えたという。

エデン・アザール

「ジェルヴィーニョと一緒にリールでプレーできたことは幸運だった。彼は多くのクオリティを持っていたし、とても速かった。

彼はこれまでともにプレーした中で最も上手いチームメイトだったよ。

また、ナショナルチームでは多くの強力な仲間を持っているよ。ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ドリース・メルテンス、ケヴィン・デ・ブライネ、そしてケヴィン・ミララス。

彼らは皆、試合の中で自分の能力を見せつけようとすることを好む偉大な選手達だよ」