16歳から31歳までの各世代を代表する選手を1名ずつをピックアップする企画を『stanleywiputra』が行っていた。その16人に、当サイトでピックアップした32~35歳を代表する4選手を加えて、紹介する。

なお、すでにその年齢を超えている選手もいるがご了承を。選手に関する紹介文は全て当サイトのデータベース情報を用いた。

16歳 リース・オックスフォード(ウェストハムDF)

Reece Oxfordの当サイトDB情報

1998/12/16 (16歳)。ウェストハムの下部組織出身、長身DF。

弱冠15歳でベンチ入りし、「魔法使いの子供」として注目された。2015年7月、EL予選に先発出場。16歳198日でのデビューはウェストハム史上最年少であった。その翌月のプレミアリーグ開幕戦で16歳221日というクラブ史上最年少記録を樹立(なお、16歳236日説あり)。

ハマーズの偉大なる先輩リオ・ファーディナンドと比較され、『リオ2世』などとも呼ばれている。また、CBだけでなくアンカーとしても起用されている。登録は178cmながら、実際には190cm以上あるはず。

17歳 ジェフ・レーヌ=アデレード(アーセナルMF)

Jeff Reine-Adelaideの当サイトDB情報

1998/01/17 (17歳)。

ランス下部出身のMF。12歳の時点でランス、レンヌ、リール、トゥールーズ、リヨン、モナコからオファーを受けていたとか。

2015年のUEFA U-17欧州選手権で優勝したフランスU-17代表メンバー。同年夏、アーセナルがヤシン・フォルテュネとともにランス下部から引き抜いた逸材。クイックネスとボールテクニックが評価されている。

ヴェンゲル曰く、「彼は私がフランスで見出した選手だ。攻撃的だがオールラウンドな選手にも成長することができる。現時点では、左右(のサイド)でプレーしているが、センターハーフしても成長可能だと思うね」。また、「彼は大器だ。実際、自分が17歳の時どうプレーしていたか覚えてないけれど、あんな風にはプレーしていなかったね!」としたうえで、「特別」だと評価している。

※18歳 ゴンサロ・グエデス(ベンフィカFW・MF)

Goncalo Guedesの当サイトDB情報

1996/11/29 (現19歳)。

ベンフィカの下部組織出身ウィング。

スピードやクリエイティビティが評価されており、2015年11月には18歳にしてポルトガルのフル代表にデビューした。

すでに、アーセナルやバレンシア、バルセロナが興味を示していると噂されるほか、2015年度「ゴールデンボーイ」候補者にもノミネートされた逸材。ベンフィカとの契約は2021年まであり、バイアウト額は6000万ユーロ(78.3億円)に設定されている。

【次ページ】10代最高額のあの選手…