セリエA15節、アタランタ対パレルモ戦でこんな場面があった。

アタランタのベテランMFジュリオ・ミッリャッチョは相手MFイワイロ・チョチェフの頭を蹴ったとして、カルミネ・ルッソ主審から一発レッドカードを貰ってしまった。

ミッリャッチョは後半31分に投入されたばかりで、わずか32秒で即退場に…。『Opta』によれば、2004-05シーズン以降ではセリエA最速での退場だったようだ(リーグ史上最速という情報もある)。

ただ、この時点で2点のリードがあったアタランタはこの後1点を追加して3-0で勝利している。