先週末、バルセロナはメスタージャでバレンシアと対戦した。

試合は1-1で終了しリーグ戦での連勝記録は「6」でストップしたものの、バレンシア相手に敵地での勝ち点1という結果は決して悲観するものではないはずだ。

さて、そんなこの試合でバルセロナに先制ゴールをもたらしたのは直近の8試合で12得点と絶好調のルイス・スアレスだった。

メッシからのパスに抜け出し、ゴール右隅にシュートを突き刺したスアレス。

この時スアレスの前方にはGKハウメ・ドメネチュしかおらず、1対1のような状況であった。しかし、このゴールが生まれるにはある「駆け引き」があった。

このゴールを別のアングルから見てみよう。

オフサイドのようにも見えるが、今回はその有無については触れない。

メッシからのパスに反応し、ゴールへと直進するスアレス。しかし、バレンシアDFアイマン・アブドゥヌールもすぐ後方につけており、スアレスがトラップしスピードを落とした瞬間に追いついて見せる。

並の選手であればここでボールを奪われてしまうのだが、スアレスは違った。

アブドゥヌールの気配にいち早く気付き、体の使い方だけでかわして見せるのだ。

【次ページ】スアレスの体の使い方を静止画で見る