マルセイユのストライカー、ミッチー・バツフアイーはレアル・マドリーでプレーすることが夢だと明かした。

22歳のベルギー代表はアーセナル、チェルシー、トッテナム、そしてクリスタル・パレスが獲得を目指しているが、バツフアイー本人が即座にチームを離れる意思がないことを表明しており、1月の移籍ウィンドウでの移籍は難しいと目されている。

また、もし移籍のチャンスを得たら、という質問に対し、フランスの雄であるPSGではなく、レアル・マドリーの名前を挙げたようだ。『beIN Sports』が以下のように報じている。

ミッチー・バツフアイー
(マルセイユ所属、ベルギー代表)


「夢を見させてくれるチーム?レアル・マドリーだよ。PSGも夢を見させてくれるか?いや、それは全くないね」

「もちろん、自分の将来はここにある。多くの愛、素晴らしいスタジアム、素晴らしいサポーターたちがいるんだ」

さすがにPSGとマルセイユの関係を考えれば、PSGに直接移籍する可能性は低い。レアル・マドリーというのは無難な答えだが、今後の活躍次第では充分にあり得るだろう。