11日、『Estadio Deportivo』は「リーガ・エスパニョーラのセビージャは、イタリア・セリエAのインテルに所属するイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの獲得を狙っている」と報じた。


今季インテルのキャプテンを務めているアンドレア・ラノッキア。サネッティ副会長は彼の貢献を高く評価していると話すものの、今季に入って10試合、200分程度しかプレーしていない。

EURO2016のことを考えても彼は1月にチームを離れるのではないかと推測されており、多くのクラブとの関係も噂されてきた。

そして今回浮上したのがセビージャ。

現在インテルから借りているマルコ・アンドレオッリが大きな怪我を負ってしまったことで最終ラインの補強が必要となっている。

ウナイ・エメリ監督とモンチSD率いるチームは、イタリアで出番を失っているラノッキアを主要なターゲットと位置づけており、かなり楽観的に考えられる状況にあるという。