『L'Equipe』は「フランス・リーグアンのアンジェに所属しているセネガル代表MFシェイク・エンドイをチェックするため、日曜日の試合にプレミアリーグの8クラブが集結する」と報じた。

今季のフランスリーグで大きな驚きとなっているカーンとアンジェ。リヨンやリール、モナコなど有力チームが苦しむ中、前半戦で上位をキープしている。

当然その中心選手には注目が集まっており、カーンでは元ビーチサッカー代表という異色のキャリアを持つエースFWのアンディ・ドゥロールがプレミア方面から狙われていると噂だ。

そしてアンジェで最も輝きを見せているのが、遅咲きのセネガル代表MFシェイク・エンドイである。

若い頃はイングランドのストーク・シティやサウジアラビアのユースにも所属したと言われているが、プロになることは出来ず23歳までセネガル国内で育成された昨今珍しい選手だ。

その後フランスの4部にいたエピナルに加入し、2012年に3部のクレテイユへ。2013年に初めてリーグ・ドゥへと昇格を成し遂げ、26歳にして初めてプロリーグに進出。

そして今夏アンジェへの移籍を決断し、29歳にして初めて欧州のトップリーグに挑戦しているという叩き上げのMFだ。

元々はセンターバックもやっていた選手であるが、エピナル時代から得点力の高い選手として知られ、クレテイユではボランチから突如前に飛び出してヘディングを決めるヘンなMFとして一部から注目を集めた。

アンジェでは加入初年度でキャプテンを任されるなど精神面の評価も高く、3センターの前目という形で使われたことでより攻撃に力を発揮している。

日曜日のボルドー戦で彼をチェックする中にはチェルシー、そしてマンチェスター・シティも含まれていると言われる。もし今冬プレミアに引き抜かれるなんてことがあれば、なんとも凄い成功物語になるが…