リーグアン18節、PSGはリヨン相手に5-1の圧勝を飾った。

リヨンのウベール・フルニエ監督が「3点目が我々を痛めつけた。そこで緊張感が無くなってしまった」と語った一戦で、アンヘル・ディマリアは3アシストの活躍を見せた。

ゴール以上にアシストが嬉しいと語ったディ・マリアが、この試合で作り出したチャンスシーンを1分ほどにまとめたものがあったので紹介する。

かつてはドリブラーの印象が強かったディ・マリアだが、いまやパスマスターとも言える。

まだPSG加入後20試合にも満たないが、すでに17ゴールに絡む活躍を見せており、チェルシーとの対戦が決まったCL決勝トーナメントでもキーマンのひとりとなることは間違いない。