『TuttoSport』など各メディアは「ACミランのスタッフが、長期間にわたってユニフォームなどを体調に窃盗していたとして逮捕された」と報じた。

記事によれば、火曜日に逮捕されたのはACミランのスタッフとして12年間勤務していたムスタファ・メドゥーン氏。

アドリアーノ・ガッリアーニCEOの3番目の妻であるマリーカ・アル・ハッザージの弟に当たる52歳の男性である。

ミランは2ヶ月前に公式の用具が不足していることをヴァレーゼ警察に報告しており、その後裁判所の許可を得て監視カメラを設置していた。

その映像を調査したところ、ムスタファ・メドゥーン氏の関与が疑われ、当局が彼の家を調査したところ数百点に及ぶ大量のスポーツ衣料品が発見された。

また、もう一人の従業員の自宅も捜索を受け、さらに多くのアイテムが見つかったとのことだ。

なお、今後彼らはヴァレーゼ裁判でこれらの件について裁かれることとなるという。