『Shoot』は「イングランド・プレミアリーグのアストン・ヴィラは、フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンに所属しているイタリア代表GKサルヴァトーレ・シリグを獲得しようとしている」と報じた。

今季かつてない苦しい状況に陥っているアストン・ヴィラは、6試合を終えてわずか1勝という結果になっており、プレミアリーグ最下位に沈んでいる。

既にシーズン当初にチームを率いていたティム・シャーウッド氏は解任されており、かつてリヨンの指揮官を務めたレミ・ガルドを招へいしているものの、チーム状態は上向いていない。

この状況を脱出するため、アストン・ヴィラはまずゴールキーパーの補強を狙い、サルヴァトーレ・シリグに目を付けていると言うことだ。

今季パリ・サンジェルマンで出番を失っているシリグは1月のマーケットで退団が噂されており、イタリア方面から関心を寄せられていると伝えられている。

実績も実力も申し分ないにもかかわらず、失点に繋がるミスを連発しているケヴィン・トラップにポジションを取られていることにシリグ自身も不満を抱えていると言われ、既にチームを離れることは既定路線であるとも。

アストン・ヴィラは激しい獲得競争を制するために720万ポンド(およそ13.2億円)という入札を行う予定で、新たな守護神を手に入れることにチャレンジするという。