いよいよクライマックスを迎えるFIFAクラブワールドカップ。横浜国際総合競技場で行われる決勝戦リーベル・プレート対バルセロナでクラブ世界No.1が決まる(決勝キックオフは今日19時30分)。

その大一番を前にあの『キャプテン翼』の作者である高橋陽一氏がバルセロナの5選手を描いたイラストが公開されている。

『キャプ翼』感に溢れるネイマール、イニエスタ、メッシ、スアレス、ピケ!

しっかり脚が長くなっているほか、よく見るとネイマールとピケはソックスが長めだったり、ピケは長袖&シャツインだったりとさすがのクオリティである。そして、ユニフォームはやはり伝統のストライプ(今季は史上初めてボーダー柄を採用)であった。

バルサといえば、大空翼が作中でプレーするクラブでもある。ファンにはたまらないイラストのはずだ。