『Independent』は「レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、クリスマスに首位を守れたことに喜びを表した」と報じた。

エヴァートンとのアウェーゲームで2-3と勝利を収め、クリスマスにプレミアリーグ首位を守ることが確定したレスター。

試合後のラニエリ監督は勝利に喜びを見せたほか、クリスマスの楽しみ方についても答えた。ただ、クリーンシートではなかったのでピザは許されないようだ。

クラウディオ・ラニエリ
(レスター・シティ監督)

「私はとても、とても幸せだ。もし我々が4月の終わりにこのポジションにいたら、おそらくタイトルについて考え始めるだろう。今は、ただこれを楽しんでいるだけだ。

これがサッカーだ。サッカーはクレイジーだ。このように狂ってくれるのなら、私はとてもハッピーだね」

「(クリスマスを楽しむとしたら?)

七面鳥があればとても良いね。ラザニアはいらないな、ちょっと重すぎるからね。

ただ、クリーンシートを達成しなければ、ピザはないよ」

「我々はいい状態にあるし、調子が良い。今日は難しい試合だった。エヴァートンは良いチームだし、彼らは早くボールを動かしてくる。

我々はとても集中していたし、彼らに多くのスペースを与えなかった。前半はいい反応が出来なかったが、後半はもっと良くなったね」

「(ヴァーディを交代させたね?)

彼は少し疲れているんだ。深刻なものではないけどね。私はウジョアを入れてポゼッションを維持しようとした」