今季ベンフィカへ移籍したアデル・ターラブだが、この冬にも退団するのではないかと噂れている。事件を起こして逮捕されたり、監督から減量指令を受けるなど、いまだトップチームでの出場はないのだ。

そのため、Bチームでプレーしているのだが、ポルトBとの一戦ではこんな場面があった。

PKをチャンスを得たターラブ。だが、蹴ったボールは力なく、相手GKラウール・グディーニョの手の中に…。19歳の逸材グディーニョに読み切られ、いとも容易く止められてしまった。

前節はスーペルゴラッソを決めていたターラブだったが、2戦連続ゴールはならず。チームも0-3で宿敵相手に敗北を喫している。