『GHANAsoccernet』は「アドゥアナ・スターズに所属しているMFヤハヤ・モハメドは、ガーナ代表FWアサモア・ギャンがアカデミーで育っていたら破壊的な選手になっていたと話した」と報じた。

かつてはウディネーゼ、レンヌ、サンダーランドでプレーしたものの、2011年に中東へ渡ってからはアル・アイン、上海上港に所属しているアサモア・ギャン。欧州サッカー界からは離れているが、ガーナでは今でも最大のスター選手である。

かつてガーナU-20代表でプレーしていたヤハヤ・モハメドは取材に対して以下のように話し、ギャンはガーナ人であるために値するだけの尊敬を得られていないと主張した。

ヤハヤ・モハメド

「アサモア・ギャンがガーナでやっていることは、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシよりも遥かに上だ。

しかし、悲しいことに我々は彼に対してのリスペクトがない。なぜなら、彼はガーナ人だからだ。

私はいつもあの二人よりもアサモア・ギャンが上だと思っている。なぜなら、ギャンがもし欧州人であったなら、メッシよりも、ロナウドよりもさらに認められただろうからだ」

「メッシは13歳でバルセロナのアカデミーに入った。クリスティアーノ・ロナウドは18歳でマンチェスター・ユナイテッドに入った。ギャンは18歳までアカデミーを経験していない。

従って、もしギャンがアカデミーでプレーしていて、彼らのようなチャンスが与えられていれば、今では破壊的な選手になっている」