22日、レアル・マドリーに所属しているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、クリスマスに合わせて自身の邸宅を公開した。

2009年にマンチェスター・ユナイテッドを離れ、8000万ポンドという当時世界最高額の移籍金でレアル・マドリーに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

今年世界で最も稼いでいるアスリートランキングで3位となった彼の年収は7960万ドル(およそ97.3億円)で、レアル・マドリーでの給与は1700万ユーロ(およそ22.7億円)であると言われている。

彼が住んでいるのはポスエロ・デ・アラルコン地区にある邸宅で、そこには7つのベッドルーム、ホットタブ、プールなどが備えられている。

その価格はおよそ480万ポンド(およそ8.9億円)であると言われている。世界でも屈指のセレブが住んでいる家を覗ける機会を見逃すな?