22日、イングランド・プレミアリーグのレスター・シティは「12月29日に行われるマンチェスター・シティ戦において、会場を訪れるファンに無料のビールと水を提供する」と発表した。

レスター・シティのオーナーはタイに本拠地を置いているキング・パワーであるが、その他の主要スポンサーには有名なシンハービールが名を連ねている。

タイで生まれたシンハーは日本でも展開されているワールドクラスのビールで、イングランドでも大々的に扱われているブランドだ。

レスターはこのパートナーシップを生かしてこれまでも無料ドリンクの提供を行ってきた。2014年の昇格時、そして昨季の最終節でそれを行い、観客席を盛り上げてきた。

そして、今回はチームがプレミアリーグ首位を守っているということもあって、2015年最後のホームゲームという段階でこのサービスを行うことにしたようだ。

キックオフは午後7時45分に予定されているが、ファンに対しては5時半~7時半の間無料でドリンクを受け取ることができる。

本来はビールが提供されるが、未成年者などにはボトル入りの飲料水が提供される予定だ。アルコールがダメならウォーターをドリンクして応援しようという試み。強豪マンチェスター・シティを相手に2015年を締めくくることが出来るか? 注目が集まる。