コスタリカ1部の2015-16シーズン前期リーグの王者を決めるプレーオフ決勝で、珍事があった。

アラフエレンセ対サプリサという顔合わせとなった対決の2ndレグで起きたのがこれ。

相手DFアンドレス・インペリアレから、後方タックルを浴びせられたアラフエレンセFWジョナタン・マクドナルド。これに怒った28歳のFWはあろうことか履いていたスパイクを脱ぐと、それをインペリアレに向かって投げつけたのだ!

幸いノーコン気味だったために、スパイクが直撃することはなかったのだが、なんとも珍しいシーンであった。

1stレグを0-2で落としていたアラフエレンセ。この場面でも1-2とリードを許しており、マクドナルドとしても心中穏やかでなかったのだろう。なお、この報復行為について、ベハラノ主審からお咎めなどはなかったようだ。

結局2戦合計4-1で勝利したサプリサが、32度目となる優勝を決めている。

試合後、アラフエレンセのエルナン・トーレス監督は「マクドナルドはゴールを決めたし、いい選手だ。その事件を私は見ていない」と述べていた。