『NDTV』は「元オランダ代表MFエドガー・ダーヴィッツは、バルセロナに所属しているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは例外の存在だと話した」と報じた。

来年1月11日に受賞者が発表されるFIFAバロンドール。今年はリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドの常連組に加え、ネイマールが最終ノミネートに残った。

先月そのノミネートが発表された際にもコメンテーターを務めていたエドガー・ダーヴィッツは、FIFAの公式サイトに対して以下のように話し、メッシはちょっと例外の存在になっていると答えた。

エドガー・ダーヴィッツ

「彼らがこれまで達成してきたこと、そして達成しつつあることについては信じられないものだね。

私はクリスティアーノ・ロナウドが好きだ。なぜなら彼は華麗で、激しい努力をしている。メッシがシャープな状況でなければ、彼はバロンドールに到達できるだろう。

ただ、もしメッシがフィットしていたら、それはおおよそそちらになるだろうね。

彼は例外的な存在だ。その他の選手は、彼が少し力を落とすのを待たなければならないだろう」