『Guardian』は「イングランド・プレミアリーグのアーセナルで監督を務めているアーセン・ヴェンゲル氏は、サウサンプトン戦の敗北に応答した」と報じた。

先日行われたサウサンプトンとの試合では意外にも4-0という大敗を喫することになったアーセナル。レスター・シティも敗れたために首位との差は開かなかったが、ショッキングな黒星であった。

試合後、アーセン・ヴェンゲル監督は以下のように話し、この失望に対応することが必要だと主張した。

アーセン・ヴェンゲル

「我々は、対応しなければならない仕事をやっている。失望から立ち直りたい。

残念ながら、失望なしでキャリアを重ねることは不可能である。誰もが――世界最高の選手であっても、それは出来ない。

したがって、結局はそれにどう反応するかだ。私は選手達が対応してくれると信じている。月曜日に、確固たる方法でね。

この選手たちにはファンタスティックな魂がある。そして、彼らは48時間後にそれを見せてくれるだろう」

「私は試合前に言った。1ポイント差を追っているか、1ポイント差で前に出ているかはそれほど重要ではないと。

サウサンプトン戦に勝つためには、我々のパフォーマンスは十分ではなかった。我々はそれから目を背けることは出来ない。

そして、我々は落ち込んでいるわけにも行かない。48時間後にはまた試合がある。我々は失望し、フラストレーションもあるが、しかし唯一の方法は次の試合で反応することだ」

「(サウサンプトンに大敗したが、チームを移籍マーケットで改善させる?)

それは常に皆が質問する物事だ。私は多くの選手を持っていると思っているし、怪我をしている者は近いうちに帰ってくるだろう。

買って、買って、買いまくることが常に解決方法になり得る――人々はそう見る。

サウサンプトン戦で点を取れなかったことは事実だ。しかし、それと同時に我々は失点を喫しているが、十分なディフェンダーを備えている」