ドイツサッカー連盟は、公式サイトでマンチェスター・ユナイテッドのMFバスティアン・シュヴァインシュタイガーのインタビューを掲載した。

今年夏にバイエルン・ミュンヘンを離れ、かつての恩師であるルイス・ファン・ハールが率いるマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したシュヴァインシュタイガー。

これまでの半年間は、監督にもパフォーマンスが低いと指摘されるなど苦しい状況が続いており、クラブも結果を出せていない。

しかしシュヴァインシュタイガーはマンチェスターでの生活を「完璧な経験」だと話し、移籍は正解だったと主張した。

バスティアン・シュヴァインシュタイガー

「(マンチェスターとミュンヘン、クリスマスに大きな違いはある?)

似ているのは、どちらにもクリスマス・マーケットがあることだね。また、12月中旬までなら雪がない(笑)

山への郷愁はまだあまり大きくはないね。いつか来るかもしれないけど。でも現時点では新しい仕事に情熱を持っているよ」

「(イングランドではクリスマスにも試合をしているよね?)

基本的にはね。僕はいつもプレーできるように準備することを好む選手だった。プレミアリーグの強度はとても高い。

来年になったらそれがどんなものだったのか、より正確な情報が伝えられるかもしれないね。その後にまた聞いてくれるかな!」

「(31歳でバイエルンを離れた。自分がミュンヘンにいないことに驚きを感じる?)

そんなことはないよ。僕にとっては、喜びがそれを上回っている。

マンチェスターは完璧な経験だ。それは僕のプロ生活を途方もなく豊かにしてくれている。

バイエルン・ミュンヘン、ドイツ代表、そしてマンチェスター・ユナイテッド。それらが僕の3チームだ」

「(マンチェスター・ユナイテッド加入から6ヶ月。完全に馴染んだ?)

もちろんだよ。サッカーにおいては物事がとても速く進む。個人的に、マンチェスターはとても好きな町だ。素敵な人々がいて、レストランも良い。良い感じだよ」

「(トーマス・ミュラーがいなくなって平穏?)

ははは(笑) あれはジョークだ。もし『ラジオ・ミュラー』を知っていれば、どういう意味かは分かるよね」

「(プレミアリーグは?)

フィジカル主義はとても強いね。それに直面している。降格圏内にいるチームとの対戦でも多くを要求される。パフォーマンスのレベルは接近している。

そして、観客は常にチームを後押ししてくれるね」

「(スタイルを変えなければならなかった?)

ルイス・ファン・ハールのスタイルはよく知っている。我々はバイエルン・ミュンヘンでも共に働いていたからね。

僕は多くの経験を持っているが、まだ十分に若い。新しいものに適応するためにはね。我々は構築途中のチームであり、今季何が出来るのかということを見ていかなければならない。

リーグタイトルはもちろん我々の目標だ。ただ、チャンピオンズリーグからの敗退はもちろん大きな失望だったね」