昨季の目覚ましい活躍から一転、今季はチームとともに不調に陥っているチェルシーのMFセスク・ファブレガス。

サポーターからのブーイングの対象のひとりとなっている28歳のスペイン人は退団を希望していると『metro』が報じている。

『Corriere dello Sport』からの情報だそうで、セスクはチームを去りたいとクラブ側に伝えたという。それ以前には、フース・ヒディンク新監督が彼を外す(サブ行き?)見込みだというリポートもあったとされている。

そんな彼に対しては、インテルとユヴェントスが獲得を狙っているとのこと。ただ、いずれにしろ夏までは退団はありえなそうだともされている。