今シーズンのプレミアリーグで最も大きな輝きを放っているのはレスター・シティのエース、ジェイミー・ヴァーディだ。

11試合連続ゴールというプレミアリーグ記録を打ちたてたのはもちろんであり、首位を快走するチームを牽引してきたのは間違いなくヴァーディだ。プレミアリーグ記録達成により、クラブはヴァーディの給与を倍増させる見込みだが、その引き抜きを狙うマンチェスター・シティの用意しているオファーが桁違いだった。

『Daily Star』によれば、マンチェスター・シティは28歳のヴァーディを獲得するために3000万ポンド(およそ53.5億円)を準備しており、給与は現在の4倍に当たる金額を提示しているという。現在の給与は週給4万5000ポンド(およそ837万円)。一気に18万ポンド(およそ3200万円)となれば、スター選手と同レベルの額である。

首位を走るレスターとしては躍進の原動力であるヴァーディを1月の移籍ウィンドウで手放すことは絶対に避けたいところ。しかし、マンチェスター・シティの強烈なオファー内容にヴァーディ本人が移籍を志願する事態になる可能性も充分にあり得るだろう。