レアル・マドリーは再びマンチェスター・ユナイテッドの守護神、ダビド・デ・ヘアの獲得に挑むようだ。

夏の移籍ウィンドウで大きく取り沙汰されたデ・ヘアのサンティアゴ・ベルナベウ行き。最終的に破談に終わったものの、レアル・マドリーは未だスペイン代表GKのことを諦めていないようだ。

『Daily Star』の報道によれば、レアル・マドリーはシーズン終了後のデ・ヘアを獲得を目指しており、移籍金として4000万ポンド(およそ71.3億円)を支払うこともいとわない様子であるという。夏の移籍ウィンドウでは2900万ポンド(およそ5.17億円)での獲得が失敗しただけに、4000万ポンドが事実であればレアル・マドリー側の本気度を感じることができる。

なお、25歳のデ・ヘアは夏の移籍ウィンドウが閉鎖した10日後、マンチェスター・ユナイテッドとの新たな4年契約にサインしている。