チェルシーとの試合を0-0で引き分け、またしても勝利から見放されたマンチェスター・ユナイテッド。

これでプレミアリーグでは6試合白星がないわけだが、そんな低調ぶりを証明するデータがあるという。

なんでもユナイテッドはオールド・トラッフォード行われた試合の前半に全く得点できていないのだそうだ。ホームで行われた直近8試合の成績がこちら。

プレミアリーグ第10節 マンチェスター・シティ戦
前半終了時:0-0

キャピタル・ワンカップ4回戦 ミドルズブラ戦
前半終了時:0-0

UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第4節 CSKAモスクワ戦
前半終了時:0-0

第12節 WBA戦
前半終了時:0-0

UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ第5節 PSV戦

第15節 ウェスト・ハム戦
前半終了時:0-0

第17節 ノリッジ戦
前半終了時:0-1

第19節 マンチェスター・シティ戦
前半終了時:0-0

※スコアは全てユナイテッドが左側

このように、10月25日に行われたマンチェスター・シティとのダービーマッチ以降、8試合連続でユナイテッドは前半に得点できていないという。

ただ単に「前半に弱い」という不思議なジンクスを持っているようにも思えるが、この8試合のうちユナイテッドはわずか4点しか奪えておらず勝利数もわずかに2。

これでは流石にユナイテッドファンも我慢の限界であるかもしれない…。