2013-14シーズン限りで現役を引退し、一時はバルセロナのフロントにも入閣していたカルレス・プジョル。

現在は代理人としてのキャリアをスタートさせており、マルク・バルトラを担当しているという(詳細はこちら)。

そんなプジョルは「フットボール・チャンピオンズ」というチームの一員として各国を訪問している。このチームにはデイヴィッド・ベッカムやロナウジーニョ、ロベール・ピレスといったワールドカップやユーロ、UEFAチャンピオンズリーグといったタイトルを制したレジェンドたちが名を連ねており、今月クウェートで試合を行った。

その時の様子が、各選手のSNSで紹介されている。

こちらはロナウジーニョがアップしたもの。

プジョールはかなりヒゲを蓄えており、なかなかワイルドになっている!

また、ベッカムもプジョルとの2ショットを公開した。こちらの写真を見ると、プジョルがよりワイルドになっているのが分かる…。なんだか眉毛まで太くなった?

なおこのベッカム、プジョルについて「この男とは何年もの間、何度かバトルをしてきた。バルセロナの偉大な選手の一人で、今夜同じチームにいられるのは特権だね」と称賛している。