日本サッカー協会(JFA)は30日、1月1日に開催される天皇杯決勝戦のチケットを追加販売することを発表した。

29日の準決勝を経て、浦和レッズとガンバ大阪が決勝戦へと駒を進めた今年の天皇杯。東西の人気チームによる対戦ということもあり、味の素スタジアムでの決勝戦は現在完売状態となっている。

今回JFAが発表した追加販売の枚数は、SS・S・SA席が計約700枚、自由席がベンチ左側・ベンチ右側合計で約200枚。

販売はこの後、10:00から「チケットぴあ」と「チケットJFA」にて行われる。