アジアカップにEURO予選など多くのイベントが行われた2015年。この1年間に生まれた数多くの素晴らしいゴールから、Qoly編集部員たちがこれぞ!というものをピックアップしてみた。

リオネル・メッシ(バルセロナFW)

2015-16 CL グループステージ 第5節vsローマ(11月)

編集部S

まさに「衝撃の8タッチ」と呼ぶに相応しいパスワークだった。

“MSN”と呼ばれる3トップがなぜ世界最強であるのかを証明するかのような優雅な得点である。

セルチュク・イナン(トルコ代表MF)

ユーロ2016予選 グループA 第10節 vsアイスランド戦(10月)

編集部S

他会場でオランダが追い上げるなか、10人のトルコにチャンスが巡ってきたのは試合終了間際の89分。

ゴールまで20mほどの距離で獲得したフリーキックをセルチュク・イナンが突き刺し、トルコはストレートインでユーロ本戦出場を決めた。

2015年に生まれたゴールの中でも、特にドラマチックな一撃であった。